花角英世新潟県知事が5日の記者会見で、新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」との広告契約を行わないことを明らかにした、と産経新聞が報じています。

NGT48は9月に県内で開幕する国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭のスペシャルサポーターを務めていましたが、元メンバーの山口真帆さん(23)への暴行事件の影響で契約保留となっていました。

運営会社「AKS」(東京)にはすでに伝達したとのことです。


今後の方針として、花角英世新潟県知事はこのように回答しています。

 

NGT48の復帰断念について、花角知事は「残念です」と話した上で  花角知事は記者の質問に対し

「(同文化祭の開幕まで)もう時間がない。スペシャルサポーターという形で宣伝することは考えていない。(NGT48と)契約しない」と明言しました。

今後は、影響力のあるインスタグラマーやブロガーを起用するなどしてPRを進めるといいます。

 NGT48については、
「新潟の魅力だと思っているが、運営の課題がある」と指摘。

その上で「それを克服して、以前のように活躍していただく時期がくることを期待している」と述べました。

 また、県文化振興課は同日、県庁内で記者会見を開き、NGT48との契約更新をしない理由について
「100日前を控えて、文化祭の事業内容がほぼ決定し、広報PRの大枠を固めている段階で、これから新たにというのは時間的には難しい」と説明。

さらに、
「事件発生前の状況に戻っておらず、スペシャルサポーターを使ったPRは難しい。劇場やアイドル活動が円滑に運営していないと考えている」
とNGT48を巡る状況がまだ正常化していないという認識を示しました。

 同課がこの日紹介した同文化祭の新しいポスターに、NGT48の姿はなかった。
昨年作成したものには、スペシャルサポーターだったNGT48が写っていた。
新ポスターは今月から、順次張り替えられていくといいます。

 
県は今年3月、スペシャルサポーターだったNGT48との広告契約を更新せずに保留。

花角知事はこれまで、
「事態が収束して(グループが)歓迎される状態になれば、国民文化祭で活躍してほしい。推移を見守りたい」
との見解を示しており、復帰の可否が注目されていました。


いずれにせよ、運営側から納得がいく説明がされずうやむやにされてしまったこの問題。

トカゲのしっぽ切りとしか思えない後味のわるさだけが残ります。