おめでたいのですが、ちょっと驚きのカップル誕生のニュースです。

お笑いコンビ「南海キャンディーズ」の山里亮太(42)と、女優の蒼井優(33)の結婚が4日、分かったとスポーツ報知が報じています。





 知人によると、交際開始は4月ごろという超電撃婚。
5日にも代理人を通じて婚姻届を提出する。
恋のキューピッドは山里の相方・しずちゃんこと山崎静代(40)。

蒼井とは映画「フラガール」(06年)の共演以来の親友で、その縁が結んだ「フラガール婚」になった。


交際のうわささえなかったが、伏線はあった。

昨年12月19日、山里が急性虫垂炎で入院した際、しずちゃんが代役としてTBSラジオ「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」(水曜・深夜1時)の司会を担当。
その中で「(蒼井)優ちゃん、最近はなかなか時めかないというか、恋愛ができなくて困っていると。
こじらせていると言っていた。

そんな中で恋愛は好きではないけど、今年(2018年)、唯一尊敬できるのが山ちゃんだと。
『本当にすごい尊敬していて』と言っていた」。
蒼井にとって、山里が気になる存在であることを明かしていた。

 

山里も、1月に千葉市内のイベントでモテ期が訪れたことを報告。
あるテレビ番組のインタビューでは、蒼井の話題に触れ、「蒼井亮太かぁ~」と蒼井と結婚し、婿養子になった姿を妄想していた。

4月14日の誕生日に行った自身の短編妄想小説集『あのコの夢を見たんです。』のイベントでは「今年何かあります。俺の(熱愛の)うわさ、何かつかんでいない?」などと報道陣に逆質問。

つかんでないことを知ると、「何をやっているんだよ!」と返した。
この時は、すでに、交際を始めていようだ。

 

山里の知人は「仕事に対してマジメでストイックなのは有名。
機転が利くし、細かな気配りができる男」と評する。

元々、山里のことを尊敬していた蒼井がその姿を見て、さらに惹(ひ)かれていったようだ。

 

◆蒼井 優(あおい・ゆう)1985年8月17日、福岡県出身。
33歳。99年ミュージカル「アニー」でデビュー。
2001年「リリィ・シュシュのすべて」で映画初出演。
06年「フラガール」で報知映画賞助演女優賞。
17年「彼女がその名を知らない鳥たち」で、同主演女優賞など各映画賞を総なめに。
18年舞台「アンチゴーヌ」「スカイライト」で読売演劇大賞最優秀女優賞。
主な出演作は映画「花とアリス」「東京家族」。特技はクラシックバレエ、タップダンス、ピアノ。160センチ。血液型A。

 

◆山里 亮太(やまさと・りょうた)1977年4月14日、千葉県出身。
42歳。関大卒。NSC大阪校の22期生。愛称は山ちゃん。
2003年山崎静代と「南海キャンディーズ」結成。
04年「ABCお笑い新人グランプリ」優秀新人賞。
05年「上方漫才大賞」優秀新人賞。レギュラーはNHK総合「逆転人生」、TBS系「メイドインジャパン!」、TBSラジオ「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」など。
趣味はカクテル作り、ジャズバーでセッション。178センチ。血液型AB。
(敬称略)