ジャニーズJr.が19年ぶりに8月の東京ドーム単独公演を発表し話題となっています。

しかしその裏に隠された彼らの給料事情は知られていないもの。

東京ドーム単独公演を発表も、悲惨すぎるメンバーの収入について日刊サイゾーが報じています。




ジャニーズJr.はジャニーズ事務所の特定のグループに所属していないデビュー予備軍メンバーの総称です。

ユニット結成や、アーティストのバックダンサーなどを務めながらデビューの機会をうかがう、東西あわせて約300人ほどのメンバーがいるといわれています。

 

ジャニーズJr.は1990年代末から2000年代はじめにかけて一大ブームとなった滝沢秀明を筆頭に、現在は博報堂に勤務する小原裕貴、喫煙で解雇となった大坂俊介など人気メンバーが勢ぞろいでした。


今回の単独公演はジャニーズJr.ブームの再来ともいえそうです。

ただ人気に比して彼らの境遇は悲惨。


「ジャニーズJr.はあくまでのデビュー予備軍の研修生という名目なので、固定給はありません。ジャニーズ事務所の所属タレント扱いでもないため、退所した場合でも基本的には公式発表はなされません。レッスン料は無料ですが、ギャラも交通費程度でしか支給されないといいますね。アルバイトをする暇もないといえるでしょう」(芸能関係者)

 

そうなると、実家暮らしならばともかく、ひとり暮らしの場合はかなりきつそう。

実際にはどれくらい稼いでいるのでしょう。



「バックダンサーなどの仕事を務めた場合には、アルバイト料が出るようですが、そちらも微々たるもののようですね。滝沢秀明がJr.の待遇改善をたびたび求めていたのはよく知られています。喫煙で解雇された尾身和樹が『マネーの虎』(日本テレビ系)に出演した時には、金額は伏せられていましたが、前後の文脈から読み解くに、全盛期の年収は100万円程度だったと見られます」(前出・同)

 

同年代のフリーターか、それよりも少ないくらいというのがジャニーズJr.の実際の収入といえるでしょう。

そこからデビューを勝ち取れるのはごく一部。

実に厳しい世界ですね。。。
(敬称略)