青空



フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」で「お姉ちゃん」の声を担当していた
声優の水谷優子さんが、乳がんのため51歳という若さで亡くなられました。
 
水谷さんの死去は、所属事務所が2016年5月19日、
公式サイトで発表しましたが、直後からツイッターなどで惜しむ声が相次いで寄せられています‥






j-castニュースより一部引用

死去の報道を受け、ツイッターには、

「ちびまる子ちゃんどうなるんだろう...ご冥福お祈りいたします」

  「え......めちゃくちゃショック......もうさきちゃんの声聞けないの」  


51歳という年齢に驚き、悲しむ人も多い。   

「まだ51歳なら早すぎますよ…・」  

「そんな...まだまだ聴きたかった...」  

「ちびまる子ちゃん」以外でもさまざまなアニメの声で知られていたため、

  「一番印象に残っているキャラクターは『ブラック・ジャック』のピノコですね」

  「水谷優子さんと言えばちびまる子ちゃんのお姉ちゃんもだが、やはりディズニーっ子としてはミニーマウス。パーク内の声はもしかしてもう変わっているのかな......」

など、他のキャラクターを思い出す人もいた。



ミニーちゃん
⒞Disney


水谷さんって”さきちゃん”のほかにも、ガンダムやミニーちゃんの吹き替えなどもやっていたんですね。

 「ちびまる子ちゃん」の番組公式サイトも同日、原作者のさくらももこさんとキャスト、スタッフ一同のコメントを掲載しました。

 「平成2年(1990年)の初回放送から長きにわたりお姉ちゃんの声を演じていただき、『ちびまる子ちゃん』を楽しく盛り上げていただいておりました。ここに追悼の意を表し、心からのご冥福をお祈り申し上げます」。(本文のまま)

後を引き継ぐ方はまだ発表されていませんが、ホント早すぎますよね。 心からお悔やみ申し上げます。