紅白


 大みそかの「第66回NHK紅白歌合戦」の出場歌手が、きょう26日午後に発表です!

近藤真彦さん(51)が、19年ぶりに出場することは決定済み。

今井美樹さん(52)や、Toshi(50)がボーカルを務める『X JAPAN』の出演も決まっており、今年の紅白見どころは“アラフィフ”なんだとか。

そのほかの出演者情報を紹介していきます。





ジャニーズは過去最多

ジャニーズ事務所からは近藤真彦、SMAP、TOKIO、V6、嵐、関ジャニ∞、SexyZoneと史上最多7組が出場!

近藤真彦さんは今年が35周年イヤーで、現在は全国ツアーの真っ最中。

50歳を過ぎても挑戦し続けている姿に「視聴者に元気を与えてくれる存在」と抜てきされました。

出場者はアラフィフばかり?

今井美樹さんは、今年歌手生活30周年。
紅白出場は、06年のヒット曲「PRIDE」以来。

X JAPANは解散ステージとなった97年以来の出場になります。

さらに初出場!のレベッカ。

今年限定の再結成で活動しているので、紅白が歌い収めになりますね。
ちなみにボーカルのNOKKOさんは52歳だそう。

松田聖子さん(53歳)、福山雅治さん(46歳)も常連組として出場です。


 関係者は、
「アラフィフはドラマが大好きで、歌番組全盛の世代でもある。親しんで紅白を見てもらえる」
と話しています。

大勢のアラフィフ歌手の出演のウラには、NHKの作戦があるようですね。

引用⇒スポニチアネックス